柔道の最高段位

柔道の最高段位

柔道の最高段位って何段なんですか?という疑問に対する回答です。そしてその最高段位者は何人くらいいるのでしょうか。

 

柔道の最高段位とは

●一般的には柔道の最高段位は十段という認識である。

 

●だが嘉納治五郎は「初段より昇段して十段に至り、なお進ましむるに足る実力ある者は十一段十二段と進ましむること際限あるなし」と述べており実際には上限がない。

 

●ただ上限がないといっても過去十段以上に昇段した者はいない。

 

●段位というのは修行年限というものがあるので、その年限を過ぎないと次の段には上がれない。なので存命で十段のものは非常に稀で数人程度である。

 

●なので正確には「過去取得された段位の中で最高は十段」というのが正しい認識だろう。

 

●十段は12万中1人しかなれないといわれているらしい。どんだけ難しいの・・・・。

 

●存命中でも十段所有者は数人程度、故人を含めても15人しかいないという非常に狭き門なのである。

 

●十段をとるには当然昇段試験に合格しなければならない。

 

●初段以上の試験は試合・柔道形の演武・筆記試験の3つの総合評価によって判定される。

 

●段位を取得できると正式に講道館への入門が認められ黒帯の着用も認められることになる。

<スポンサーリンク>

関連ページ

柔道の昇段試験(黒帯)の内容|初段の例
柔道の昇段試験の内容についてです。昇段できる条件はどのように規定されているのでしょうか。
柔道の昇段試験(黒帯)の費用
柔道において段位取得のためには昇段試験を受ける必要があります。ですがその昇段試験を受けるにもタダではありません。費用がかかってくるのです。
柔道の段位と年齢の関係
柔道の段位と年齢の関係について解説しています。
柔道の赤帯取得条件は?
柔道の赤帯というと最上位の九段〜十段の保持者が締めることを許される帯です。そんな帯を取得するための条件って一体どんなものなのでしょうか。
柔道二段の昇段試験
柔道二段の昇段試験についてです。昇段試験の受験資格や取得までの年齢などなど。
柔道初段を履歴書に書く場合の正式名称
履歴書に柔道の段位、初段取得のことなどを記述する時の正式名称とは?

 
HOME