柔道の帯の色と段位の関係

柔道の帯の色と段位の関係

柔道の帯の色と段位の対応や意味について解説しています。また帯が実力を示すものとして扱われ始めたきっかけなどについてもお話しています。

 

段位と帯の色の関係

柔道の帯の色と段位の関係は成年と少年で異なります。それぞれ以下のようになっています。

 

■成年

  • 四級以下:白帯
  • 三級〜一級:茶帯
  • 初段〜五段:黒帯
  • 六段〜八段:紅白帯
  • 九段〜十段:赤帯

 

■少年

  • 初心者:白帯
  • 五級:黄帯
  • 四級:橙帯
  • 三級:緑帯
  • 二級:紫帯
  • 一級:茶帯

 

まあ六段以上は色が変わっていますが、黒でも別段問題はないです。現役で試合しているプロの人なんかは五段〜六段であることが多いです。七段以上となると年齢を重ねて現役を退いていることも多く、実力というより名誉を示す意味合いが強くなります。

 

帯の歴史

帯は今でこそ段級位を示すものとして扱われていますが、昔はたんに帯は胴衣を締めるためものでしかなく、段級位は関係ありませんでした。帯色が実力を示すものとして扱われ始めたのは、嘉納治五郎が講道館柔道を創設して門下生を集め出してからです。門下生を集ってしばらくすると実力者に黒帯を締めさせるようになったのが始まりなんだそうです。

<スポンサーリンク>

関連ページ

柔道着の着方
柔道着の着方は稽古を始める前、必ず教わることです。いわばスタート地点ですので大事なことですね。今回は柔道着の着方のポイントを紹介したいと思います。
柔道着のサイズの選び方
柔道着のサイズの選び方についてアドバイスさせて頂いています。購入前の参考にしてください。
柔道着の名前の書き方は刺繍?位置は?
柔道衣の名前の書き方はマジックか刺繍か。刺繍を入れる場合の位置や規定はどうなのか。などなど名前に関する注意点をお話しています。
柔道着の洗い方
柔道着の洗い方・洗濯方法について悩まれる人が多いようなので、柔道着の洗濯についてその方法や注意点をまとめています。
柔道着の規定まとめ
柔道における柔道着の規定をまとめています。全日本柔道連盟試合服装規定にもとづいたものですね。
柔道着の黄ばみの落とし方
柔道着の黄ばみ・・・練習を繰り返していると必ずつくものですが、洗濯してもなかなかとれないしつこい黄ばみに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。今回は柔道着の黄ばみの落とし方を紹介しています。
柔道の帯の長さ
柔道の帯の長さについての話です。適切な長さの出し方、長さと号数の対応なども紹介しているので購入前の参考にしてください。
柔道着の帯の結び方
柔道の帯の結び方について結構戸惑う人がいるようなので、簡単に要点をまとめています。
柔道の帯の刺繍
柔道の帯の刺繍に関するお話です。刺繍の規定に関する注意点や裏抜けあり、裏抜けなしそれぞれのメリットデメリットなどを紹介しています。

 
HOME