柔道二段の昇段試験

柔道二段の昇段試験

柔道二段の昇段試験についてです。昇段試験の受験資格や取得までの年齢などなど。

 

柔道二段の昇段試験について

●柔道の二段は初段の昇段証書があれば受けることができる。ただし修業年限があるので初段取得から1年〜1年半の年月が必要である。

 

●二段からは実技に筆記試験も加わるようになる。(初段は実技試験のみ)

 

●二段は初段のもの同士で総当たりで試合をして何勝かすれば取得できるのが一般的。

 

●詳しい昇段規定については各都道府県の柔道連盟によって異なるのでHPを確認、もしくは問い合わせるようにしよう。

 

●二段を取得する年齢は早くて高校生くらい。小学生時代から柔道をしていたら14歳で初段受験資格を得られる。初段に合格し1年の修業年限をへて二段昇段試験の受験資格を経て見事合格できれば高校一年で二段取得可能。

 

※ちなみに二段までは比較的審査が緩くて、二段を持っているからといって強いとは限らないです。強さは本当にピンキリです。昇段審査の時の試合相手によって変わってきますからね・・・。

<スポンサーリンク>

関連ページ

柔道の昇段試験(黒帯)の内容|初段の例
柔道の昇段試験の内容についてです。昇段できる条件はどのように規定されているのでしょうか。
柔道の昇段試験(黒帯)の費用
柔道において段位取得のためには昇段試験を受ける必要があります。ですがその昇段試験を受けるにもタダではありません。費用がかかってくるのです。
柔道の最高段位
柔道の最高段位って何段なんですか?という疑問に対する回答です。そしてその最高段位者は何人くらいいるのでしょうか。
柔道の段位と年齢の関係
柔道の段位と年齢の関係について解説しています。
柔道の赤帯取得条件は?
柔道の赤帯というと最上位の九段〜十段の保持者が締めることを許される帯です。そんな帯を取得するための条件って一体どんなものなのでしょうか。
柔道初段を履歴書に書く場合の正式名称
履歴書に柔道の段位、初段取得のことなどを記述する時の正式名称とは?

 
HOME