柔道の段位と年齢の関係

柔道の段位と年齢の関係

柔道の段位と年齢の関係について解説しています。

 

段位と年齢制限について

●柔道の段位を取得するにはまず級位の1級まで取得する必要がある。

 

●しかし初段の昇段試験の受験資格は満14歳以上と年齢制限がある。

 

●また5段は満20歳、六段は満27歳、七段は満33歳、八段は満42歳という昇段最小年齢が設けられている。

 

●ただ知っておいてほしいのは柔道には「修行年限」というものがあるので、その年限を過ぎないと次の段には上がれない。

 

●修行年限は昇段時の成績によって変わってくる。例えば同じ二段合格でも成績が優なら修行年限は1年半以上で済むが、可なら3年以上の修行年限が必要である。

 

●昇段したからすぐ次の段の昇段試験を受けるというわけにはいかないのである。

 

●また自分の年齢で段位を取得できるか?という不安を思う人は多いと思うが、30代40代であってもやる気さえあれば初段はとれるはず!

 

●40過ぎて自分の子供と一緒に習い始める人はいるが、そんな人が数年後二段、三段を取得していることは珍しくない。

<スポンサーリンク>

関連ページ

柔道の昇段試験(黒帯)の内容|初段の例
柔道の昇段試験の内容についてです。昇段できる条件はどのように規定されているのでしょうか。
柔道の昇段試験(黒帯)の費用
柔道において段位取得のためには昇段試験を受ける必要があります。ですがその昇段試験を受けるにもタダではありません。費用がかかってくるのです。
柔道の最高段位
柔道の最高段位って何段なんですか?という疑問に対する回答です。そしてその最高段位者は何人くらいいるのでしょうか。
柔道の赤帯取得条件は?
柔道の赤帯というと最上位の九段〜十段の保持者が締めることを許される帯です。そんな帯を取得するための条件って一体どんなものなのでしょうか。
柔道二段の昇段試験
柔道二段の昇段試験についてです。昇段試験の受験資格や取得までの年齢などなど。
柔道初段を履歴書に書く場合の正式名称
履歴書に柔道の段位、初段取得のことなどを記述する時の正式名称とは?

 
HOME