柔道で腕立てやスクワットは必要?

柔道で腕立てやスクワットは必要?

柔道において必要な筋力を鍛えるための腕立てやスクワットなどのやり方を紹介しています。

 

腕立てやスクワットの効果

●柔道のトレーニングの一環として腕立てや自重スクワットを行うことは有効なので是非やるといい。

 

●投技の際の引きの腕力、足技や投技を決められないための足腰の力は腕立てやスクワットで強化することは可能である。

 

●なお柔道式の腕立てには擦り上げというものがある。擦り上げは普通の腕立てよりも厳しい。

 

●擦り上げというのは以下のように膝をつかずに行う腕立てであり、レスラープッシュアップともいわれる。腕だけでなく体全体を動かしているのが特徴的。

 

 

 

●この腕立て方法は柔道だけでなくレスラーなど他の格闘技の筋トレとしても採用されている。

 

●この腕当て方法だと格闘技全般に必要な三角筋への負荷が通常の腕立てよりもますことになる。

 

●普通の腕立てよりも厳しいとはいったが、やり方しだいでは楽にもなる。

 

以上柔道におけるトレーニングとしての腕立て・スクワットのやり方の紹介でした。

<スポンサーリンク>

関連ページ

1人でできる柔道の練習方法
1人でも取り組める柔道の練習方法を紹介しています。柔道で人より差をつけるには稽古以外の時間を以下に有効に使うかが大切になってきます。
小学生柔道の練習メニュー
柔道の小学生の練習メニューについてです。子供に教えるというのは大人に教えるよりも難しいです。ネット上では子供への指導法に関して意見は様々あるようです。
柔道が強くなる筋トレメニュー
柔道における筋トレメニューを作りたいという方へ、メニュー作りの上でのアドバイスをしています。柔道には柔道の筋トレのやり方があります。
柔道で勝つための食事メニュー
柔道のような格闘技に丈夫な体は必要不可欠。その為には日頃からの栄養・食事管理は欠かせません。しかし柔道において力を発揮するためにはどのような食事メニューがふさわしいのでしょうか。
柔道で強くなる方法
「柔道で強くなる方法を教えてください」ってある意味究極な問いですよね。非常にシンプルな質問でありながら、最も大切なことだともいえます。今回は強くなるために何が必要なのか。そのポイントをピックアップしてまとめています。個人的な見解、ネット上で見られる様々なアドバイスもこみこみです。
柔道の練習ってきつい?
これから柔道を始めようか悩んでいる人の懸念の1つとして「柔道の練習ってきついのかな」というものはあるかと思います。自分がついていけるかどうか心配する気持ちはわかります。
柔道部あるあるまとめ
柔道部に入っていれば「あるある!」と共感できるようなネタをまとめています。ネット上では様々なあるあるネタが投稿されていました。
柔道における減量方法
柔道における理想的な減量方法や注意点を紹介しています。

 
HOME