柔道の横受け身のコツ

柔道の横受け身のコツ

柔道における「横受け身」のとりかたのコツや注意点を紹介しています。

 

横受身(側方受身)とは

柔道における受け身の種類の1つ「横受け身」とは横向きへの転倒時に有効な受け身方法です。横からの転倒時に側面からの頭部強打を避けるために首を起こした状態で、地面を手で叩き衝撃を緩和します。

 

横受け身のやり方やコツ

●左足を前に踏み出す⇒右腕を肩の高さにあげる⇒右足を左斜め前に振り上げる⇒右腕を顔の前に振り出す⇒左足を曲げて右の尻を落とし、体を右斜め後ろに倒しながら右腕で畳を叩く

 

●横受け身は足を払われた時などに使うようにしよう。

 

●崩しを使って投げる練習の時など、横受け身を用いる。取に色々な方向にうち崩してもらって横受け身の練習をしよう。

 

●横受け身の時に脚が交差したり、腕が開き過ぎたり、踵を打ってしまわないように注意しよう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

柔道の受け身の種類
柔道の受け身の種類を紹介しています。受け身は怪我を防止する上で非常に大切な技です。状況に応じた適切な受け身がとれるように受け身の種類を知っておきましょう。
柔道の受け身練習方法・期間
柔道を始めて最初に習うことが受け身ですよね。致命的な怪我が非常に多い柔道というスポーツでは受け身の習得は欠かせないためです。今回はそんな受け身の必要性、練習方法のアドバイスや期間についてのお話です。
柔道前周りの受け身のコツ
柔道における前回りの受け身のコツや注意点などを紹介しています。

 
HOME