柔道における減量方法

柔道における減量方法

柔道における理想的な減量方法や注意点を紹介しています。

 

減量方法

減量の方法は人それぞれなのですが、一番シンプルなのが食事制限ですね。計量までに規定の体重になるまでひたすら制限をする方法ですね。

 

ただ計量が終わってから突然食事を元に戻さないようにしましょう。リバウンドの原因になります。

 

食事制限というのは短期間にどうしても減量しなければいけないときにとる最終手段のようなものです。

 

本当なら食事制限よりも食事内容の見直しや、ランニングによる脂肪燃焼でじわじわと体重を減らしていくほうがリバウンドのリスクが回避できるので理想です。

 

体力低下に注意

また急な食事制限は体力低下を招きやすいのも注意したいところです。せっかく減量できても体力がなく試合に負ければ元も子もないですからね。

 

体力低下を避ける為にはやはり食事内容に気を使いましょう。鳥のささみのような高タンパクで低カロリーな食べ物ならば、筋力を維持しつつ体重も減らせます。

 

試合直前の減量

食事制限をしてぎりぎりまで頑張ったけど、まだ1kgほどオーバーしてしまう。そんなこともあります。

 

その場合は試合までの絶食・入浴・サウナ・走り込みなどをひたすらやれば1kg程度なら1日でも減ります。

 

ただこれはひたすら体内から水分を出しているだけなので脱水の危険も伴います。くれぐれも無理はしないでください。

 

脱水症状(めまい・けいれん・頭痛など)がでたらすぐに中止してください。

<スポンサーリンク>

関連ページ

1人でできる柔道の練習方法
1人でも取り組める柔道の練習方法を紹介しています。柔道で人より差をつけるには稽古以外の時間を以下に有効に使うかが大切になってきます。
小学生柔道の練習メニュー
柔道の小学生の練習メニューについてです。子供に教えるというのは大人に教えるよりも難しいです。ネット上では子供への指導法に関して意見は様々あるようです。
柔道が強くなる筋トレメニュー
柔道における筋トレメニューを作りたいという方へ、メニュー作りの上でのアドバイスをしています。柔道には柔道の筋トレのやり方があります。
柔道で勝つための食事メニュー
柔道のような格闘技に丈夫な体は必要不可欠。その為には日頃からの栄養・食事管理は欠かせません。しかし柔道において力を発揮するためにはどのような食事メニューがふさわしいのでしょうか。
柔道で強くなる方法
「柔道で強くなる方法を教えてください」ってある意味究極な問いですよね。非常にシンプルな質問でありながら、最も大切なことだともいえます。今回は強くなるために何が必要なのか。そのポイントをピックアップしてまとめています。個人的な見解、ネット上で見られる様々なアドバイスもこみこみです。
柔道で腕立てやスクワットは必要?
柔道において必要な筋力を鍛えるための腕立てやスクワットなどのやり方を紹介しています。
柔道の練習ってきつい?
これから柔道を始めようか悩んでいる人の懸念の1つとして「柔道の練習ってきついのかな」というものはあるかと思います。自分がついていけるかどうか心配する気持ちはわかります。
柔道部あるあるまとめ
柔道部に入っていれば「あるある!」と共感できるようなネタをまとめています。ネット上では様々なあるあるネタが投稿されていました。

 
HOME