柔道の昇段試験(黒帯)の費用

柔道の昇段試験(黒帯)の費用

柔道において段位取得のためには昇段試験を受ける必要があります。ですがその昇段試験を受けるにもタダではありません。費用がかかってくるのです。

 

昇段試験のための費用は?

●柔道の昇段審査料は段位によって、また各都道府県の連盟によって変わってくる。

 

●岩手県柔道連盟を例にした場合各段位ごとの昇段審査料(初段〜三段)は以下のようになっている。なお二段以上からは実技に加えて書類審査料がかかる。。

 

  • 初段・・・2800円
  • 二段・・・実技⇒5700 書類⇒9700
  • 三段・・・実技⇒7500円 書類⇒12500

【ソース:http://www5a.biglobe.ne.jp/~i-judo/moriokajudo/singiryou.pdf

 

昇段試験後にかかる費用

●ちなみに昇段試験に合格すると合格手数料を支払わなければならない。

 

●合格手数料は講道館に支払うもの、各都道府県の柔道連盟に支払うものである。

 

●講道館に支払う費用は講道館入門料(初段のみ)、講道館登録料、全柔道振興費である。

 

●各都道府県の柔道連盟に支払うものについては県柔道連盟入会金(初段のみ)、協力金、推薦費など。料金の詳細は各都道府県により違いあり。

 

以上柔道における昇段試験に関わる費用についての解説でした。

<スポンサーリンク>

関連ページ

柔道の昇段試験(黒帯)の内容|初段の例
柔道の昇段試験の内容についてです。昇段できる条件はどのように規定されているのでしょうか。
柔道の最高段位
柔道の最高段位って何段なんですか?という疑問に対する回答です。そしてその最高段位者は何人くらいいるのでしょうか。
柔道の段位と年齢の関係
柔道の段位と年齢の関係について解説しています。
柔道の赤帯取得条件は?
柔道の赤帯というと最上位の九段〜十段の保持者が締めることを許される帯です。そんな帯を取得するための条件って一体どんなものなのでしょうか。
柔道二段の昇段試験
柔道二段の昇段試験についてです。昇段試験の受験資格や取得までの年齢などなど。
柔道初段を履歴書に書く場合の正式名称
履歴書に柔道の段位、初段取得のことなどを記述する時の正式名称とは?

 
HOME