柔道の帯の刺繍

柔道の帯の刺繍

柔道の帯の刺繍に関するお話です。刺繍の規定に関する注意点や裏抜けあり、裏抜けなしそれぞれのメリットデメリットなどを紹介しています。

 

規定について

●柔道の帯の刺繍は帯の一方の端にのみ許される。

 

●刺繍していいのは片側のみで所有者名や所属の表現に限られている。

 

●両方に刺繍されているものや、許可されない刺繍をしている場合は失格になる可能性があるので注意すべし。

 

●名前の反対側に四字熟語の刺繍入りの帯をしている人もいるが、そういった帯は試合では使わないほうがいいだろう。

 

裏抜けなしか裏抜けありか

●帯の刺繍には裏抜けありとなしがあるが、どちらにもメリット・デメリットがあるので好みで選ぼう。

 

●裏抜けなしというのは生地に刺繍をしてから帯を作るので帯の長さを自分で決められるというメリットがある。自分にあった帯にしたいなら裏抜けなしが基本。

 

●ただ裏抜けなしの場合特注のようなものなので納期に時間もかかり高額になる・刺繍した上からミシンかけをするため名前が見えづらいというデメリットもある。

 

●裏抜けありというのは市販の帯に直接刺繍をいれてつくるため早く出来上がりかつ安価、名前がみやすいというメリットがある。

 

●しかし裏抜けありは裏面がごちゃごちゃしていて格好悪い、裏から刺繍がほつれることがあるなどのデメリットがある。

 

帯の刺繍の色は下地の色に合う色にするといいですよ!黒帯なら金色が合うと思います。

<スポンサーリンク>

関連ページ

柔道着の着方
柔道着の着方は稽古を始める前、必ず教わることです。いわばスタート地点ですので大事なことですね。今回は柔道着の着方のポイントを紹介したいと思います。
柔道着のサイズの選び方
柔道着のサイズの選び方についてアドバイスさせて頂いています。購入前の参考にしてください。
柔道着の名前の書き方は刺繍?位置は?
柔道衣の名前の書き方はマジックか刺繍か。刺繍を入れる場合の位置や規定はどうなのか。などなど名前に関する注意点をお話しています。
柔道着の洗い方
柔道着の洗い方・洗濯方法について悩まれる人が多いようなので、柔道着の洗濯についてその方法や注意点をまとめています。
柔道着の規定まとめ
柔道における柔道着の規定をまとめています。全日本柔道連盟試合服装規定にもとづいたものですね。
柔道着の黄ばみの落とし方
柔道着の黄ばみ・・・練習を繰り返していると必ずつくものですが、洗濯してもなかなかとれないしつこい黄ばみに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。今回は柔道着の黄ばみの落とし方を紹介しています。
柔道の帯の長さ
柔道の帯の長さについての話です。適切な長さの出し方、長さと号数の対応なども紹介しているので購入前の参考にしてください。
柔道着の帯の結び方
柔道の帯の結び方について結構戸惑う人がいるようなので、簡単に要点をまとめています。
柔道の帯の色と段位の関係
柔道の帯の色と段位の対応や意味について解説しています。また帯が実力を示すものとして扱われ始めたきっかけなどについてもお話しています。

 
HOME